リッドキララやめると

リッドキララは使うのをやめると、効果がなくなってしまうのでしょうか?
それとも、使うのをやめても効果は持続するんでしょうか?
持続するとしたら、やめてからどのくらいまでなのでしょうか?

目元のシワやシミに効果的で、まぶたのハリを回復させる美容液として人気のあるリッドキララですが、ずっと使い続けないと効果を持続できないのでしょうか?

それだと、「お金がかかってしまって続けられるか心配。」
という方も多いです。

結論を言ってしまうと、リッドキララを使うのをやめると、ある程度は効果が持続します。

このある程度は人によってぜんぜん違うことでしょう。

ただ、私が今51歳なんですが、リッドキララを3ヶ月間使ってみて、まぶたのハリを取り戻したんですが、使うのをやめて半年ほどは効果が持続しました。
それ以降は徐々にですが、またまぶたにシワが戻ってしまいました。

なので、年齢にもよると思いますが、リッドキララを使うのをやめると、ある程度は効果は持続しますが、それ以降は効果が薄れていきます。

1年も2年も効果が持続するわけではないと思いますが、リッドキララの引き締め成分によってシワを改善するので、すぐに効果がなくなることもないと思います。

具体的にやめた後ってどんな状態になるのか、私の体験談を元に詳しく説明していきたいと思います。

リッドキララをやめると効果がある程度は持続する理由

やめると

リッドキララには以下のような成分が入っています。

キサンタンガム、ポリカルバミルポリグリコール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アクリル酸ヒドロキシエチル、フェニルトリメチコン、コポリマー、VP、デキストラン、水酸化K、アクリロイルジメチルタウリンNa、ダルトシド、グリセリン、アクリレーツ、BG、ポリソルベート60、水、ネムノキ樹皮エキス、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、エチルヘキシルグリセリン、ペンチレングリコール、PVP、カラスムギ穀粒エキス、アクリル酸アルキル(C10-30)、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、イノンドエキス、イソステアリン酸ソルビタン、アクリレーツコポリマー、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、クロスポリマー、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、エステル、トリエチルヘキサノイン

リッドキララには、以上の成分が入っています。
もし、これらの成分でアレルギーが出るものが入っていた場合、使用は控えてください。

また、パラベン、石油系鉱物油、合成香料、エタノール、合成着色料といった、皮膚に刺激が強い成分は不使用です。

そのため、副作用などの心配も少ないので安心して使用できます。

さて、そもそも何でまぶたにシワが増えるかご存知ですか?

実は、まぶたの皮膚というのは非常に薄くデリケートなものです。
そのため、外部からの刺激に非常に弱く、ダメージを受けやすいところでもあります。
さらに、まぶたは皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部位でもあるのです。

しかし、まぶたというのはコンタクトレンズやアイメイクなど、手で触ることも多く、ダメージが蓄積しやすい箇所なのです。
その結果、年齢とともにシワが増えていくのです。

リッドキララはその根本的な原因に着目して、3次元密着フィルムでまぶたを内側から引き上げてハリを取り戻すものになっています。
リッドキララの3次元密着フィルムとは、加水分解ゴマタンパクPG、カラスム穀粒エキス、プロピルメチルシランジオールの3つの成分によって形成されたフィルです。

この3次元密着フィルムは高分子のためまぶたの角質層の奥深くに染み込んで、肌にピタッと密着して肌を持ち上げる効果があります。

アイメイクやアイプチの場合、シワを隠したり、強引にまぶたを接着させるようなものではありません。

リッドキララは内側の角質層を持ち上げることで、シワを無くしていくため、継続的に使い続けることで、内部からハリが戻り、使うのをやめたとしても効果が持続するのです。

リッドキララを使うきっかけ

使うきっかけ

リッドキララを使うきっかけは娘からの一言でした。

「お母さん。せっかくきれいな二重まぶただったのに最近は三重まぶたになってきたね。」

ガーン!50歳を過ぎた頃からちょっと気になっていただけに、娘から言われた一言が胸にグサッと刺さりました。
たしかに昔はくっきり二重が自慢だったのに、まぶたの上にシワが増えて三重まぶた、四重まぶたに見えるようになって、ものすごく老けて見えるようになっていました。

まだまだ若いつもりでいたし、50くらいで見た目を気にしないなんてありえないので、まぶたケアの化粧品を探してみました。

探してみると、いろいろな商品があるもので、その中でもリッドキララが口コミで一番評価が良かったです。

まぶたのハリを回復させて、一重まぶたも二重にできるような効果もあるみたいです。

ちなみに、私がリッドキララを選んだ理由は、以下の4点です。

・まぶたケア美容液で最も口コミの評価が良かった。
・含有成分にお肌に悪い成分が入ってなかった。
・全額返金保証が付いていた。
・1ヶ月分4,000円弱で続けやすい値段だった。

リッドキララの口コミは、@コスメなどでも多く紹介されています。
まぶたケア商品の中でも特に評判が良かったのがリッドキララでした。

リッドキララの含有成分は先ほど紹介した通り、皮膚に安全なものを使っているので安心して購入できました。

さらに、公式サイトで購入した場合だけ、25日間の全額返金保証が付いていました。

ネットで購入した商品はクーリングオフ制度の対象外なので、返金保証が付いているのは、ノーリスクでお試しすることができます。

また、返金保証を付けられるっていうのは、商品に対する自信の現れだと思いました。

最後は値段ですが、定期コースで3,980円という続けやすい値段だったのも決め手でした。

リッドキララを3ヶ月使った後やめると・・・

3ヶ月後

リッドキララを3ヶ月ほど使い続けると、三重まぶただったのが二重まぶたに改善されました。

リッドキララは使った直後にシワがスッキリ無くなったように感じますが、30分ほどで効果は薄れてきます。

ただ、コレを3ヶ月続けることで、効果が長続きするようになりました。
1ヶ月ほど使って感じで2~3時間、2ヶ月使って半日はまぶたにハリが戻っていました。

そして、3ヶ月使っていると1日中ハリが回復していました。

つまり、即効性はあるんですが、持続性はないため、継続的に使う必要があるのです。

私の場合は、3ヶ月使って三重まぶたが二重まぶたに戻りました。
この効果に満足して使うのをやめました。

使うのをやめて1~2ヶ月経過しても、特にまぶたに変化はなかったです。
二重まぶたをキープできていますし、シワも目立たないままの状態をキープできています。

3~4ヶ月経過しても、特に変化は見られなかったです。

しかし、半年くらいたった頃から、シワが目立つようになってきました。

最終的にリッドキララをやめて8ヶ月くらいたった頃には、元の状態、三重まぶたに戻ってしまいました。

さすがに年はとっていくので、使うのをやめてもずーっとハリを維持できるほど甘くなったですね。

リッドキララを使うのをやめると・・・まとめ

リッドキララやめると

リッドキララは使ってすぐにまぶたのハリを実感できます。

でも、使って30分もすればもとに戻ります。

ただ、3ヶ月以上続ければまぶたのハリを回復できて、三重まぶたを二重まぶたにすることができます。

それから使うのをやめて半年はまぶたのハリをキープできて、二重まぶたのままでした。

ただ、半年以上経過すると、シワが戻ってきて8ヶ月経過後には、使用前に戻ってしまいました。

(私の実体験に基づいた結果です。)

以上の結果から、リッドキララは使ってすぐに効果を実感する即効性はありますが、それがずっと続くような持続性はありません。

持続性を持たせるためには、2~3ヶ月は継続して使用する必要があります。

また、リッドキララは3次元密着フィルムで内部の角質層からハリを回復するため、やめてもすぐに元に戻るるようなことはありません。

私の場合は、半年以上は二重まぶたをキープできたので、やめた後の持続性も十分だと思いました。

>>>リッドキララを最安値で購入するできる公式サイトはこちら